コールセンターは今日も賑やか

元不登校の人見知りがコールセンターでSVやってます。ストレスとの向き合い方や、クレーム体験談を書いていきます。

【転職】仕事をバックレてみた結果、何が起きたのか【体験談・心理】

ãããã¯ã¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

仕事を辞めたい…でも言い出せない。

もう1日でも早く辞めてしまいたい…

 

そんな気持ちになることってありますよね。

会社をサボって、そのまま海を観に行く…なんて妄想も誰しもが考えたことでしょう。

 

今回は私が実際に、バックレ(無断で欠勤→そのまま退職)をしたときの話を紹介します。

一体私の身に何が起こったのか?果たしてどんな心理状態だったのでしょう。

ブラック企業の怖さ

ããã©ãã¯ä¼æ¥­ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

私は20代前半の頃、典型的なブラック企業に勤めていました。

残業代なんて概念はもちろんありませんし、そもそもタイムカードというものが存在しなかった。

朝礼では当然のように、社長の考えたありがたいお言葉を大声で読み上げさせられますし、離職率もハンパないような会社だったんです。

 

業務内容もハードでした。

典型的な飛び込み営業。

まともな研修もなく、実践で勝手に覚えてこい!といったスタンスでしたので、成果も上がらず…

その結果に対して、社長を始めとする上司たちから毎朝吊し上げを食らう…

 

そんな最低な日々を、私は過ごしていました。

今でこそ、あり得ない労働環境だと思いますが、当時の私は"ある種の洗脳状態”だったのです。

社会で働くというのは、こういうことなんだ!と思っていたんですね。

 

しかし、ついに限界が来た私は、会社を辞める決心を固めます。

でも上司や社長にはとてもじゃないけど、辞めるなんて言えません。

一体何を言われるか…

 

そこで当時の私は、ある決心をします。

 

バックレてしまおう…!

 

決めてからは、早かったです。

その次の日には、実行しました。

スポンサードリンク

 

バックレ当日の行動は?その後はどうなる?

ãå±çå®ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

朝、会社にはいかずに郵便局へ直行。

会社から貸与されている、あらゆる物をまとめて郵送しました。

業務用携帯とか、諸々の備品ですね。

 

そして、退職願いも同封したのです。

 

その後は、携帯電話の着信拒否設定をオンに。

会社からの連絡手段を絶ったのです。

 

私は帰宅し、カーテンを閉めて暗闇の部屋で、ジッと布団にくるまっていました。

会社からは車で10分くらいの距離だったので、家に押しかけてくるんじゃないか?と思っていたんですね。

怖くてインターホンの電池も抜いていました。

 

しかし、思わぬ方向から、私は責められます。

親です。

 

緊急連絡先として、入社時に実家の電話番号を会社に伝えていたんですね。

これが失敗でした。

親からの鬼電。

 

会社経由で親に連絡が行ったのでしょう。

しかし厳格な父親の元で育った私は、とてもじゃないけど電話に出られません。

当然、父親からの電話も拒否設定です。

 

アパートから外出するのは、深夜に。

会社の人間が待ち伏せしていないか、などビクビクする毎日をしばらくの間は過ごしましたね。

 

結果的には、バックレは成功しました。

無断欠勤した日から、出社することなく会社を辞めることが出来たのです。

 

後日、失業保険を貰うための雇用保険関係の書類についても、郵送で要求しました。

会社側もあきらめてくれたのか、普通に返送されてきましたね。

 

よく仕事をバックレると転職で不利になるなんて言いますが、あれは嘘だと思います。
面接や履歴書に書かなければ、バレることはありませんし、今どきの大手の企業だと前職調査を行うところも殆どありません。

 

もちろん、一番いいのは『転職先がすでに決まってるから』とキッパリ宣言することでしょう。

しかし、ブラック企業で身も心も疲弊している状態の場合、そのアクションを取ること自体が難しいのです。

 

「辞めたら迷惑がかかる」とか「人が増えるまで待ってほしい」とか、辞める側が会社の都合気にしてはいけませんよ。
きっちりと1か月前に退職する旨を宣言して、きっちり辞めればいいんです。

仕事を辞めたくなる前に転職サイトへ登録することが重要

f:id:a-rulership:20170610023606p:plain

その為に、準備しておいたほうが良いことが一つだけあります。

バックレ経験者としても、準備をして円満に辞めることをお勧めはしたいので。

それは

 

まず、転職サイトに登録「だけ」しておく

 

ことです。

これが、転職サイトに登録「だけ」しておくことが本当に重要なんです。

 

面倒に感じてしまうかもしれませんが、非常に大きな意味を持っているのが、この転職サイトへの登録です。

 

なぜなら、先ほども書いたように、ブラック企業で身も心も疲弊している状態の場合、そのアクションを取ること自体が難しいのです。

 

精神的なストレスや、肉体的な疲労が限界に達すると、人間は考えることを出来なくなってしまいます。

私も洗脳状態になっていたように、そもそも転職サイトという発想自体が無くなってしまうのですね。


そうなる前に、転職サイトを見て気になる求人情報をストックしておくことが本当に重要なんです。

なぜなら

「自分は転職がいつでも出来るんだ」

という事実を認識できるから。

 

自分にはこの会社しか無いんだ…

ダメな自分を雇ってくれる会社なんて存在しない…

といったように、精神を壊されるとこういう思考に陥ってしまうのですが、求人情報をストックしておくことで、"気持ちを逃がす”ことが出来るんです!

まさに安定剤のような役割をしてくれます。

 

求人サイトはもちろん登録無料です。

向こうから電話がかかってくるような面倒なこともありません

 

登録した条件にあった、おすすめ求人情報がメールで届くので、いざ転職を本気で考える段階で、非常に良い情報になってくれます。

 

私自身、バックレした後に転職した企業に、まだ務めています。

もう6年くらいでしょうか。

バックレという形になったのは悔やまれますが、あの時決断したこと自体には後悔はありません。

転職サイトはブラック排除の「ウズキャリ」がおすすめ

f:id:a-rulership:20180410224346p:plain

登録「だけ」でも絶対にしてください!!

と言いましたが、具体的にどうすれば良いのかわからない人も多いかと思います。

  

私がおすすめするのは【ウズキャリ既卒】 です。

 

実は、転職サイトと言っても大小合わせると100社以上はあります。

変な転職サイトを選んでしまうと、再びブラック企業の餌食に遭ってしまうかもしれません。

 

【ウズキャリ既卒】 はブラック企業を徹底排除をモットーにしているサイトなので、安心。
離職率・労働時間・社会保険の有無・雇用形態などで厳しい基準を設けており、全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しています。


そのため、ウズキャリ経由で就職した人の定着率は、なんと93%以上!


なぜそんな定着率を実現できるかというと、今まで10,000名以上の第二新卒の人との面談を通じて作り上げた、独自のブラック企業データベースを保有しているからなんですね。


そのため、自分が選考を受けている企業に関してもブラック企業査定を行えます。

 

単なる転職サイトへの登録に比べ、自分に合ったホワイト企業を見つけてくれる可能性がグッと高まるのが【ウズキャリ既卒】 というわけです。

 

重ね重ねになりますが、一番大変な一歩目を「今」済ませてしまいましょう。

その一歩が、あなたの人生を大きく変える出来事になるかもしれませんよ!

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

スポンサードリンク